So-net無料ブログ作成
検索選択

『琉球カウボーイ、よろしくゴザイマス。』(2007) [映画・DVD系]





『琉球カウボーイ、よろしくゴザイマス。』(2007)
本作は「see me?」「Happy Pizza」「マサーおじいの傘」の短編オムニバス3本立てということで、同じ沖縄映画で同じく3本立てだった『パイナップルツアーズ』を思い出させる。ただ、『パイナップル~』のほうは確か不発弾をめぐって微妙に話がリンクしていたように思うが、こちらは3作同士のつながりは無い。


「see me?」
主人公の女の子が沖縄の清明祭の日に不思議な出来事に巻き込まれる話。物語前半がやや冗長な感じを受けた。少年と老婆を乗せる「軽貨物」がなかなか笑える。

「Happy Pizza」
ピザ店員と得意先の女の子のラブコメディ。店員に扮するディアマンテスのアルベルト城間がキュートだ。セリフ無しだが全編にかぶさるアルベルトの歌がふんわりとやわらかくて良い。

「マサーおじいの傘」
強くなりたいと願う少年が出会った奇妙な老人との交流の話。実はこの老人こそ、伝説の空手の達人「マサー文徳」だった。少年は、沖縄で古くから伝わる格言「手(ティー)ぬ出じらー意地ひき、意地ぬ出じらー手(ティー)ひき」(手が出たら意地を引け、意地が出たら手をひけ)の意味を知る。



全体的に、良い意味で肩の力が抜けたような印象だ。普通にウチナーンチュがウチナーンチュを演じているし、もちろん「笑わさー(お笑い)」として芸達者な元笑築メンバーや藤木勇人も良い味を出している。そして、マサーおじいを演じたカッチャンの存在感がすごい(といっても凄みというようなものではまったくないけど)。そういえば、去年だが一昨年だったか、帰省した際に、那覇空港ですれ違ったことがあった。いまどき、こんなカンプー結ったおじいもいるんだなあと思ってよく見たら彼だった。
最後に、この映画の「顔」となっている喜劇の女王・仲田幸子(さちこー)はあくまでナビゲーターでちょこっと登場するだけであり、本編には全く出てこないのが、さちこーファンにとっては残念w


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。