So-net無料ブログ作成
検索選択

『駆逐艦ベッドフォード作戦』(1965) [映画・DVD系]


駆逐艦ベッドフォード作戦 [DVD]

駆逐艦ベッドフォード作戦 [DVD]





『駆逐艦ベッドフォード作戦』を見た。
東西冷戦下の緊張状態を背景に、追う駆逐艦と追われる潜水艦の攻防、そして
変わり者の駆逐艦艦長と彼を取り巻く人物達のやり取りを描く作品。

北方海域で哨戒活動中の駆逐艦ベッドフォードに、医師と黒人記者が乗り込んでくる。
しかし、この駆逐艦の艦長は変わり者で、非情とも思える厳しい態度で物事に臨む人物だった。駆逐艦はそのうち、ロシア潜水艦を発見、艦長の命令により、潜水艦を追跡する。
この駆逐艦にはNATOの軍事顧問としてドイツ人将官(旧独のUボート艦長)も乗り組んでおり、彼の意見も踏まえつつ潜水艦を追跡していくのだが、艦長は彼や黒人記者の忠告も聞かずに潜水艦を執拗に追いつめていく。

駆逐艦と潜水艦という設定でいえば、あの有名な『眼下の敵』と同じだが、こちらは
あくまで追う側である駆逐艦視点でのみ描かれている。また『眼下の敵』でみられたような
騎士道精神的なものや将来への希望はなく、むしろ強引かつ非情な命令を下す艦長の決断によって生じる悲劇的結末が描かれているという点で、キューブリックの『博士の異常な愛情』と似通った作品だと思う。(でも、あのようなコメディ要素はほとんどなし)

予告編
http://www.youtube.com/watch?v=558o0LjxTvI
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。